浅海記念研究助成

当学会の会員であり第11期理事であった故浅海健一郎先生のご遺志をご家族が受け継ぎ「浅海記念研究助成」の制度が設立されました。「子どもの主体性と適応感の関係についての臨床心理学的研究、および社会生活不適応状態にある若者の自立支援に結びつく研究」 への助成金となっています。興味のある方は是非以下の概要を確認の上、お申し込みください。

尚、2018年度の締め切りは5月31日(木)必着といたします。

 

浅海記念研究助成選考小委員会規程

 

1 名称

 本小委員会の名称を「浅海記念研究助成選考小委員会」とする。

 

2 管轄

 本小委員会は、日本人間性心理学会企画活動・研修委員会内に設置する。

 

3 構成員

 本小委員会は次の者によって構成される

1)理事長

2)企画活動研修委員長

3)機関誌編集委員長

4)事務局長

5)常任理事・理事の互選により選出され,理事長が委嘱した者2名程度

 

4 業務

 本小委員会は、浅海記念研究助成に関する次の業務を執行する。

1)助成の申請について

 助成対象年度の前年度から募集を始め、申請締切を助成対象年度の5月末日までを申請締切(消印有効)とする。

 申請を募集する際に、助成申請資格は、本学会の名誉会員・正会員・準会員(以下,本学会員とする)で、申請締切時をもって、学会入会後1年以上経過した者とすることを本学会員に伝える。

 申請を募集する際に、助成申請者は申請時に、別紙様式による申請書(研究計画、申請額の内訳と執行予定など)を提出する必要があることを本学会員に伝える。

 

2)助成対象者の審査

 次の項目を審査基準とし、研究計画が最も適切で優れている助成対象候補者を原則として1名から数名選考する。本小委員会は、企画活動・研修委員会を通して助成対象候補者を理事会に報告し、助成対象者は理事会において承認される。

(1)研究内容が「子どもの主体性と適応感の関係についての臨床心理学的研究、および社会生活不適応状態にある若者の自立支援に結びつく研究」に該当すること。

(2)研究が具体的に計画されていること。

(3)研究計画に、助成を受けた年度の次年度の日本人間性心理学会の年次大会における発表が含まれていること。

(4)審査対象者が、本小委員会構成員本人または家族である場合、大学や大学院において直接の指導関係にある、または5年以内に何らかの指導関係にあった場合は、その対象者に関する審査プロセスには関わらないこととする。

 

3)助成対象者の義務

 本小委員会は次の項目を助成対象者の義務として課す。

(1)原則、助成対象年度内に助成金の執行をすること。ただし、研究の進行状況により、次年度末までその執行を延長することができる。その場合も、下記の(3)、(4)は義務として生じるものとする。

(2)助成金の支出対象は、すべて研究に関することに限ることで、旅費(学会参加旅費、調査旅費)、会議費、人件費、備品、消耗品、その他(学会発表や論文作成にかかる諸費用等)とする。

(3)助成対象年度の次年度の日本人間性心理学会の年次大会で、助成に関する研究発表を行うこと。

(4)学会のニュースレターまたはホームページに掲載する、研究概要に関する簡単な報告を、助成対象年度末までに、7の「申請、書類提出、問い合わせ先」に提出すること。

(5)助成金の支出に関する報告書、領収書またはそのコピーは、助成金の執行完了後、3ヶ月以内に提出すること。

(6)助成対象年度内に助成金の全額執行ができなかった場合、浅海記念研究助成基金に速やかに返納すること。ただし(1)により助成金執行を次年度末まで延長した場合は、その限りではない。助成金執行を延長した場合も、次年度末までに助成金の執行ができなかった際には、浅海記念研究助成基金に速やかに返納すること。これらの場合も、上記(2)、(5)の義務は生じるものとする。

(7)年度途中で研究が中断となった場合は、本小委員会に速やかに報告すること。その際も原則、上記(2)、(3)、(5)の義務は生じるが、特別な事情が本小委員会によって認められた場合は、免除されることがある。

 

5 助成内容

1)年度あたりの助成件数は、申請内容や申請額に応じて、原則として1件から数件とする。該当する申請がない場合は助成を行わない場合がある。

2)助成金額の年間総額を100万円とし、申請額の上限も100万円とする

 

6 事務手続

 理事会において助成対象者が決定したのち、速やかに本学会事務局より申請者の指定先に送金する。研究助成の申請は、年度において1人1回までとする。

 

 7 申請書の様式

 以下の内容を、別に定める申請書にまとめて必要箇所に押印し、7の「申請、書類提出、問い合わせ先」に送ること。

 

研究タイトル

研究計画(問題と目的、方法)

申請者の氏名・所属・連絡先住所とE-mailアドレス・電話番号

申請額の内訳と執行予定

  

8 申請、書類提出、問い合わせ先

日本人間性心理学会企画活動・研修委員会内

「浅海記念研究助成選考小委員会」宛

〒541-0047 大阪市中央区淡路町4-3-6 有限会社 新元社内

メール:project@jahp.org

浅海記念研究助成申請書.docx
Microsoft Word 12.6 KB

日本人間性心理学会 事務局

〒541-0047 大阪市中央区淡路町4-3-6 有限会社新元社内 

TEL&FAX 06-4707-7757

office@jahp.org


その他各委員会へのお問い合わせ先

会員限定ページのパスワードをお忘れの方は、学会ニュースレターの8頁をご確認ください。