執筆要領

『人間性心理学研究』への投稿にあたっては、以下の要領で原稿を作成してください。

 

1.投稿にあたっては、表紙、投稿票、日本語アブストラクト、英文アブストラクト、本文を提出すること。必要に応じて、図表や付記を添えること。

 

2.表紙には題目のみを記載すること。

 

3.投稿票には、(1)題目(副題も含む)、(2)著者名、(3)著者所属、(4)筆頭著者の連絡先(住所、電話番号、電子メールアドレス)を記載すること。題目、著者名、著者所属の英語表記も添えること。

 

4.アブストラクトは別紙とする。英文アブストラクトは自然な学術英語とし、200語以内とすること。日本語アブストラクトは500字以内とすること。英語および日本語のキーワードをそれぞれ3~5語添えること。

 

5.英文題目、所属の英語表記、英文アブストラクトは、必ず学術英語に熟達した者の校閲を得ること。

 

6.付記、謝辞などは「付記」として、別紙に記載すること。

 

7.図表は本文とは別にし、本文中に挿入位置を指示すること。

 

8.正原稿に加えコピー3部を添えること。

 

9.原稿の電子ファイルを同時に提出すること。(記憶媒体の郵送か、電子メール等による送信を行うこと。)

 

10.著者および所属機関が本文中で明白にならないよう注意すること。

(「拙論(著者名, 1998)において…」「先行研究において筆者(著者名, 1998)は…」などの表記は行わないこと。)

 

11.原稿は原則として日本語とするが、英語による執筆も認める。英語の原稿は、英語学術論文に熟達した者の校閲を得ること。

 

12.原稿はワードプロセッサソフトで作成し、A 4 判の用紙に40字×30 行で打ち出すこと。原稿枚数は付記、図表も含めて14枚以内とする。図表は、過去の人間性心理学研究の論文を参考にして、必要な文字数を見積もること。英語論文の場合は、5600単語以内とし、付記や図表も日本語原稿と同様に含めること。

 

13.枚数が超過した場合は原則として投稿を受け付けない。ただし、論文審査の過程などにおいて、編集委員会が認めた場合はその限りではない。超過した分については実費を徴収することがある。

 

14.本文にはページ番号を付すこと。

 

15.原稿は原則として横書き、新かなづかい、常用漢字、算用数字を用いること。

 

16.大見出しはⅠ、Ⅱ、Ⅲ…、中見出しは1、2、3…、小見出しは(1)、(2)、(3)…とする。

 

17.特殊な専門用語は初出の場合に限って原語を表示すること。例:至高経験(peak experience)。

 

18.本文中(文章の末尾等)の文献の表記は以下のようにすること。出版年は西暦とする。

(1) 日本語文献の場合:(著者,出版年)(第一著者・第二著者,出版年)

著者が3名以上の場合は、第一著者名の後に「ら」を付ける。

例:(戸田,1983)(黒田・早坂,1978)(長谷川ら,1983)

 

(2) 海外文献の場合:(Author, Year) (1st Author & 2nd Author, Year) (Author, Year; Author, Year)

著者が3名以上の場合には、第一著者の後に、et al. を付ける。

例:(Maslow, 1965) (Schein & Bennis, 1965) (Lippit et al., 1961)

 

(3) 引用ページを示す場合:(著者,出版年,p.頁)(著者,出版年,pp. 開始頁-終了頁)

例:(Rogers, 1961, p. 23)(神谷, 1983, pp. 86-87)

 

(4) 複数の文献を一度に引用する場合:(著者,出版年;著者,出版年)文献をセミコロンで区切る。

例:(Bebout, 1981; Olsen, 1975)

 

(5) 文章の途中に文献を表記する場合:著者(出版年) 第一著者・第二著者(出版年)

例:Prigogine(1993)は、・・・

 

19.引用文献のリストは、本文の末尾にまとめ、「文献」と見出しをつけること。

 

20.引用文献は、著者の姓のアルファベット順とする。同一著者の文献は古いものから順に記載する。同一著者・同一出版年の文献は、出版年の後にa,b, とアルファベットを付して区別する。

 

21.文献リストの表記は以下のようにすること。

(1) 雑誌掲載論文

(A) 日本語: 著者 (出版年): 論文題目 雑誌名 巻(号), 開始ページ-終了ページ.

例:戸川行男 (1983): 心理学における人間中心の方法 人間性心理学研究 1, 2-7.

 

(B) 欧文: Author (Year): Title. Journal, Volume(Number), page-page.

例:Shlien, J. M. (1987): A countertheory of transference. Person-Centered Review, 2(1), 15-49.

 

(2) 書籍所収論文

(A) 日本語: 著者 (出版年): 論文題目 編者(編) 出版社 開始ページ-終了ページ.

例:倉戸ヨシヤ (1989): ゲシュタルト療法 河合隼雄・水島恵一・村瀬孝雄(編) 臨床心理学体系 第9巻 心理療法3 金子書房 123-145.

 

(B) 欧文: Author (Year): Title. In Editor (Ed.), Book. Place: Publisher. page-page.

例:Fischer, C. T. (1992): Humanizing psychological assessment. In Wertz, F. J. (Ed.), The humanistic movement: Recovering the person in psychology. New York: Gardner. 202-214.

(3) 書籍

(A) 和書: 著者 (出版年): 書籍名 出版社.

例:水島恵一 (1963): 青年の悩みと反抗 雪華社.

 

(B) 洋書: Author (Year): Book. Place: Publisher.

例:Maslow, A. H. (1954): Motivation and Personality. New York: Harper & Brothers.

 

(C) 訳書: 訳書を記載する場合には、執筆する論文の学問領域の慣例に従って、訳書を示した後に原著を記載する形式(a)か、原著を記載した後に訳書を示す形式(b)のいずれかを選択する。論文内での形式はいずれかに統一すること。

(a) 著者 訳者(訳) (出版年): 書籍名 出版社.  Author (Year): Book. Place: Publisher.

例:カール・R・ロージャズ 友田不二男(訳) (1951): 臨床心理学 創元社. Rogers, C. R. (1942):Counseling and Psychotherapy: Newer concepts in practice. New York: Houghton Mifflin.

(b) Author (Year): Book. Place: Publisher.  著者 訳者(訳) (出版年): 書籍名 出版社.

例:Rogers, C. R. (1942): Counseling and Psychotherapy: Newer concepts in practice. NewYork: Houghton Mifflin. カール・R・ロージャズ 友田不二男(訳) (1951): 臨床心理学創元社.

 

22.文献リストの表記のうち、書籍名を『』、論文名を「」でくくる表記も認めるが、論文内での表記は統一すること。

 

23.注を加える場合は、文中には上付き数字にて、1)などとし、文献リストの前に「注」として表記する。

 

24.本要領の改廃は、編集委員会において発議され、理事会の承認を必要とする。


日本人間性心理学会 事務局

〒541-0047 大阪市中央区淡路町4-3-6 有限会社新元社内 

TEL&FAX 06-4707-7757

office@jahp.org


その他各委員会へのお問い合わせ先

国際学会情報

会員限定ページのパスワードをお忘れの方は、学会ニュースレターの8頁をご確認ください。